松阪国際交流協会


松阪国際交流協会

 

 

松阪国際交流協会

事務局:三重県松阪市黒田町98番地

お問い合わせ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレガラさんからの手紙

古いメンバーの皆さまにはお馴染みのドレガラ教授(現ライト州立大学音楽学部学部長)から、古市理事長宛に手紙が届きました。
ドレガラ教授は、松阪国際交流協会のホームステイ交流事業に尽力いただいた最大の功労者であり、何度も家族の皆さんと松阪を訪問されていますのでご存知の方も多いかと思います。
 個人宛の手紙ですが、古市理事長のご了解を得て、個人的な部分を除いた上で翻訳いたしましたので是非お読みください。

*************************************
北国オハイオ州デイトンにも夏がやってきました。
今はとても暖かく、私たちは外に出ては、家の周りに巣を作っている鳥たちのさえずりを楽しんでいます。

私たちは今でもしばしば松阪への旅行のこと、そこで出会ったたくさんの友達のことを思い出します。テレビで日本のことが紹介されたりすると、日本での素晴らしい想い出がまるで昨日のことのようによみがえってきます。

私たちの家族はみんな元気で、仕事に、レジャーに、楽しい日々を送っています。
写真を同封しましたが、ジョシュアはもう16歳の高校生。とても背が高くなりました。どうやら二年後にはライト州立大学を目指しているようです。
ジョシュアは今、競泳に夢中です。ほんの数年前に始めたのですが、今では毎日少なくとも二時間半は練習しています。

妻のクリスティンは今もモンテッソーリ幼稚園で働いていますが、児童数の減少で、働ける日にちや時間が限られてしまいました。
今、デイトンの景気は最悪です。
というのも多くの人々がGMやフォードの工場で働いていたからです。工場の閉鎖によって失業者があふれ、そのために子どもを幼稚園に通わせる余裕のある人が少なくなってしまいました。
まあ、こうして楽しく働けるだけでも幸せだと思わないといけませんね。

私がライト州立大学音楽学部の学部長に就任して、12年目が終わろうとしています。
ライト州立大学はまもなく40周年を迎えます。大学としてはまだ若く成長途上ではありますが、それだけに働きがいのあるところです。
私はまだまだ仕事を辞めるつもりなんて、さらさらありません。
学部長という立場上、好きな音楽にあまり時間を割けないのが残念ですが、時折はネブラスカ州リンカーンの昔のオーケストラ仲間には会いに行っています。

写真にもあります通り、私たちの新しい愛犬「ベートーベン」をご紹介します。
グレイハウンド・ドッグレースから引退した6歳のグレイハウンド犬を私たちが引き取って育てることにしたのです。彼がレースに出場していたときの名前「ファインディングベートーベン号」をちょいと短くして「ベートーベン」と名付けました。
どうです?音楽ファミリーである私たちにぴったりの名前でしょ?

最後にもう一度皆さんにお伝えしたいことがあります。
私たちは、ことあるごとに日本の皆さんのことを思い出しています。
我々にとって、松阪への旅行は最高の想い出であり、皆さまとの交流は最高の宝物です。
皆さんも、どうかお元気で、そして楽しくお過ごしください。
ジョシュアが高校を卒業したら、私たちは日本への家族旅行をしたいと考えています。
もちろん、皆さんと会うために・・・。
それがいつ実現するかはわかりませんが、それまでどうか皆さんがお元気でおられますようにお祈りいたします。

親愛なる皆さまへ
ハーバート,クリスティン,ジョシュア・ドレガラ


お知らせ:画像は後日掲載いたしますのでしばらくお待ちください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。